くろす内科クリニック

くろす内科クリニック|東京都台東区の内科、小児科、循環器内科

〒111-0022
東京都台東区清川2-8-11
TEL:03-3872-0298
『よく聴く・よく診る・よく話す』当院の診療方針です

発熱新患でお急ぎの方へ
          診療・検査医療機関の一覧 ←クリック
・上記一覧から台東区内の発熱外来を行う医療機関(診療・検査医療機関)が記載されています。

・この一覧表から選定してください。ほとんどの医院が、当院の発熱外来開催時間以上の長時間受入れしています。

・発熱外来の開催時間にご注意ください。

・当院では時間的隔離短期集中診療で臨むため診療のべ時間が短くなっています。ご注意い。 
 《当院は、発熱以外の患者さんの診療もあるため、分相応な発熱外来対応時間として1日2時間設定しています。(現在は臨時に延長しています) 他院では当院での発熱者受け入れ時間に対してその2~4倍の時間を設けています。各医療機関では普段の診療と両立できる発熱外来診療時間として開設しています。ちなみに開催時間が長いほど発熱外来に対する東京都からの協力金が増額されます。例年5月の連休やお盆、年末年始は東京都から発熱外来診療要請が診療・検査医療機関全体になされ、当院でもその時期に外来を開けて発熱者に対応していますが、都から応召義務は問われないので発熱外来として届け出が出してあってもお盆や年末年始を全て休診にすることは可能です。台東区の21-22年の年末年始の発熱外来の状況ですが、年末年始3日以上に渡り尽力されている先生方も一部いらっしゃいますが、『お知らせ』ページに記載の現況でした。ちなみに今年1月元旦の台東区休日当番に関しても、輪番制であってさえ、例年のように再再募集でも医師会の中から当番医が見つからなかったため、当院で担当しました。その一方で、台東区集団接種会場問診医の募集には相当数の先生方が繰り返し就業されていました。(支給される協力金は2時間勤務で4万円程。当院は自院のかかりつけ患者さんの接種に時間を割り振るため参加しませんでした。) 参加していない当方からすれば、それはそれで大変結構なことと賞賛させて頂きますが、一体この差は何なのでしょうか。今後の年末年始の休日当番は下谷医師会に全ての枠を埋めてもらうか、思い切って外部委託で日直医師を医師会で雇用するか、年末年始は休診にしなければならない譲れない都合があって、就業はしないというのが医師会員の総意であるという理由で、年末年始の休日当番を区へ返上すればいいだけです。求心力の欠如か上部の風習か存じませんが、この稀有な日本国内の感染状況下で、当院は当院でできうる最大限を自問し、これからも地域医療への常識的な対応を行っていゆく所存でございます......という夢をみました。》

くろす内科クリニックのホームページへようこそ 

【ご注意】
・電話受付は8時30分より開始します
・初診又は最終受診日から1か月以上経過した非定期 
 受診の方は、新患扱いとなるため、
来院前に必ず
 お電話を
お願いします。直接来院された場合、混雑
 具合により一度自宅へ返戻となります。


---------------------------------------------

●【東京都陽性者登録センター開設のお知らせ】

東京都陽性者登録センタとは?←クリック
  
東京都福祉保健局公式HPより

東京都では、診療・検査医療機関への受診の集中を緩和するため東京都陽性者登録センターを開設しました。※ 9月26日から発生届の対象が限定されることを受け、本事業の対象者等を変更し、以下のとおり申請を受け付けます。

概要
発生届の対象外となる方を対象として、以下のとおり申請を受け付けます。

  1. 自宅で医療用抗原検査キット等の検査で陽性疑いと判明した方から、オンラインで申請していただき、その情報をもとに医師が診断した結果が陽性の場合、センターに登録します。
  2. 医療機関で陽性の診断を受け、都が実施する支援を希望する方から、オンラインで申請していただき、陽性者としてセンターに登録します。
  3. 登録後は、My HER-SYS(マイハーシス)による健康観察、食料品やパルスオキシメーターの配送、都の宿泊療養施設等での療養のサポートを受けることができます。
  4. なお、当センターでは発生届の提出は行いません。また、薬の処方は行いません。

1 対象者
以下の(1)及び(2)を全て満たし、(3)又は(4)に該当する方
(1)都内在住の方(長期滞在者を含む)
(2)発生届の対象外となる方
(65歳未満の方※1、入院を要しない方、コロナ治療薬や酸素投与が必要ない方、妊娠していない方)
(3)自ら抗原検査キット※2で検査、又は検査会場で検査して陽性疑いとなった方
(4)医療機関で陽性の診断を受けた方
※1 (3)はセンターに申請時、(4)は医師の診断時に65歳未満である方
※2 体外診断用医薬品又は一般用医薬品として国に承認されたものに限りますhttps://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11331.html 

※ 既に医療機関を受診し陽性が確定している方でも、健康観察、食料品の配送、宿泊療養など都の支援を希望する場合は、当センターに申請していただく必要があります。
※ 申請時に、療養期間を過ぎている方は、対象外となります。

2 都による支援について
陽性者登録センターに登録後、希望する方は、以下の支援を受けることができます。

1.My HER-SYS(マイハーシス)による健康観察
My HER-SYS(マイハーシス)とは、陽性者ご本人等がスマートフォンやパソコン等で自身や家族の健康状態を入力できる健康管理機能です。自動音声に従って電話による入力も可能です。
My HER-SYSからご入力いただいた情報は、自宅療養者フォローアップセンターに共有されるため、ご本人等の状態を把握し、適切なフォローが可能になります。

2.食料品の配送
同居されている方や知人から買い物の支援を受けられない方、またはインターネット通販や宅配サービス等での食料品の調達が難しい方など、食料の調達が困難な方に療養中の食料品を配送しています。
※センターへの登録申請時にご希望を承ります。まず、1世帯1セットまでとさせていただいております。陽性者登録センターの申請時に希望された方は、うちさぽ東京のホームページからの重ねての申請はお控えください。
※島しょ地域にお住まいの方は、本サイトから申し込みはできません。食料品をご希望される場合には、島しょ保健所各出張所にご相談ください。

3.パルスオキシメーターの貸し出し
パルスオキシメーターは、自宅療養中に、ご自身で血中酸素飽和度(SpO2)を測定する際に使用する医療機器です。
※センターへの登録申請時にご希望を承ります。
※島しょ地域にお住まいの方は、本サイトから申し込みはできません。パルスオキシメーターの貸与をご希望される場合には、島しょ保健所各出張所にご相談ください。

4.都の宿泊療養施設への入所
・コロナの症状がある方で、重症化リスクの高い基礎疾患のある方や、同居の家族に重症化リスクの高い基礎疾患のある方や妊婦がいて、早期に隔離が必要な方には、都が用意した施設での宿泊療養をお願いしています。
・宿泊療養施設には、看護師が24時間常駐し、健康観察・健康相談を行います。また、体調に変化がある場合には、医師にリモート相談を行い、必要に応じて医療機関を受診・入院できます。
※センターへの登録後、別途申し込みの手続きが必要です。
宿泊療養施設のご案内について

5.感染拡大時療養施設への入所
無症状又は軽症の陽性者を対象とした施設として、立川駅近郊の立飛・高松にある感染拡大時療養施設をご利用いただけます。男女別棟で、シャワー・トイレは共用ですが、自室から出ることができ、パブリックスペースでくつろいだりすることもできます。ご家族への感染が心配な方などは、ご利用を御検討ください。
※センターへの登録後、別途申し込みの手続きが必要です。
感染拡大時療養施設のご案内について

6.自宅療養中の相談
自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)において、自宅療養者ご本人が、体調変化に気づいた際の相談や療養中の困りごとなどに対応しています。(登録がない方でもご相談が可能です。)
うちさぽ東京について

■3 登録申請について
オンラインで申請していただきます。以下、対象者ごとに、申請方法について説明します。
・受付時間 9時~21時まで(土日祝日も受付)

4 登録申請後の流れについて
(1)登録申請の完了について
申請フォーム上の最後の入力ページで「送信」ボタンを押した後に「申請の受付が完了しました」というメッセージが表示されましたら、申請の受付は完了しております。なお、当センターから受付完了をお知らせするメール等はお送りしておりません。

(2)結果通知について
申請内容を確認の上、17時までに登録申請していただいた方には翌日15時までに結果通知のメールをお送りします。
また、17時から21時までに登録申請いただいた方には翌々日の正午までに結果通知のメールをお送りします。
なお、申請時の入力内容に関するお問い合わせのメールが当センターから届いている場合は、お手数ですがメールの指示に従って手続きを行って頂きますようお願いいたします。

【新型コロナを疑う症状がある方への抗原定性検査キットの配布について】←クリック
※注意!
濃厚接触者となられた方のための検査キット申込サイト ←クリック
とは異なります。
対象者:都内在住(長期滞在者含む)で、新型コロナウイルス感染症の発症を疑う何らかの症状がある方
濃厚接触者であるかどうかは問わない
1972年4月2日~2003年4月1日生まれの方
(2022年4月~2023年3月末までの間に20歳から49歳である方(年度末時点20~50歳))

発熱等の症状が現れた時点(医療機関受診前)で申込み可能
1回の申込みで1人1キット、本事業実施期間中1人2回まで申込み可能
費用:無料
配布予定数等:1日当たり上限7万キット(申込数が上限に達した時点で、当日の受付は終了)
申込開始日:令和4年8月1日(月曜日)午後2時から
申込方法:対象者が専用ホームページからお申込みURL:https://tokyo-onsettestkit.jp/


医院概略

医院名 くろす内科クリニック
診療科目 内科、小児科、循環器内科
General internal medicine,
Pediatrics,
Respiratory medicine,
Gastroenterological medicine,
Cardiovascular medicine
診療予約 予約は設定していません。
ただし、初診受診希望者、かかりつけでない台東区総合健診希望者、かかりつけでない予防接種希望者/保護者(BCG込みの4種類以上の同時接種・一部定期接種ワクチンを含む)は、受診前にご連絡ください。
入院設備 なし
所在地 〒111-0022
東京都台東区清川2-8-11

2-8-11 kiyokawa Taito city Tokyo 111-0022 Japan
TEL 国内:03-3872-0298
INT'L TEL:+813 3872 0298
FAX 国内:03-3872-0348
INT'L TEL:+813 3872 0348
駐車場の有無 あり(1台)
道路からクリニック入り口までスロープがあり、診察室の中まで完全バリアフリーで、段差は一切ありません。車いすや手押し車をお使いの方、杖をお使いの方も安心して来院できます。
連絡方法 お電話・FAXでお問合せください。
その他 2022年度8月以降の台東区総合健診について
発熱外来に対応するため当面健診は延期します。

・各種予防接種を実施しています。(4価インフルエンザワクチン・小児肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン・ロタウイルスワクチン・BCG・B型肝炎ワクチン・水痘ワクチン・麻しん風しん混合ワクチン・成人肺炎球菌ワクチン
・2020年10月~ロタウイルスワクチン台東区定期接種開始

診療時間

診療時間 月Mon 火Tue 水Wed 木Thu 金Fri 土Sat 日Sun
8:30~12:30
15:00~18:00

【休診】土曜午後・木曜・日曜・祝日
closed on saturday afternoon, thursday, sunday and national holidays

▼来院~会計までにかかる時間
waiting time it takes from having medical exam to gettingyour prescription

  月Mon 火Tue 水Wed 木Thu 金Fri 土Sat 日Sun
午前
午後

:30分前後(about 30minutes)(充分な診療で対応します)
Many patients are waiting.
:15~24分前後
Some patients are waiting.
:12~18分前後
A few patients are waiting.

Reservation is not required, however Please get in touch with us.【tel:+813 3872 0298】